メンバー

慶應義塾大学 理工学部 電気情報工学科 専任講師
村田 真悟,博士(工学)
Shingo Murata, Ph.D.
MAIL
murata▲elec.keio.ac.jp
* ▲を@に変更してください
主要論文
Shingo Murata, Yuichi Yamashita, Hiroaki Arie, Tetsuya Ogata, Shigeki Sugano, and Jun Tani, “Learning to Perceive the World as Probabilistic or Deterministic via Interaction with Others: A Neuro-Robotics Experiment,” IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems, Vol. 28, Issue 4, pp. 830–846, 2017.
Shingo Murata, Jun Namikawa, Hiroaki Arie, Shigeki Sugano, and Jun Tani, “Learning to Reproduce Fluctuating Time Series by Inferring Their Time-Dependent Stochastic Properties: Application in Robot Learning via Tutoring,” IEEE Transactions on Autonomous Mental Development, Vol. 5, Issue 4, pp. 298–310, 2013.
職歴
2020年4月 – 現在
慶應義塾大学 理工学部 電気情報工学科 専任講師
2018年4月 – 2020年3月
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 助教
総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 助教(併任)
2016年4月 – 2018年3月
早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科 助手
兼任
2020年10月 – 現在
国立情報学研究所グローバルサイエンスキャンパス(GSC)「情報科学の達人」プログラム メンター
2020年4月 – 現在
国立情報学研究所 客員講師
早稲田大学 次世代ロボット研究機構 AIロボット研究所 招聘研究員
2018年6月 – 現在
沖縄科学技術大学院大学 認知脳ロボティクス研究ユニット 客員研究員
2018年4月 – 2020年3月
早稲田大学 次世代ロボット研究機構 ヒューマン・ロボット共創研究所 招聘研究員
学歴
2013年4月 – 2016年3月
早稲田大学大学院 創造理工学研究科 総合機械工学専攻 博士後期課程
指導教員:菅野重樹 教授
博士論文:Predictive Learning with Uncertainty Estimation for Achieving Adaptive and Flexible Behavior
2011年4月 – 2013年3月
早稲田大学大学院 創造理工学研究科 総合機械工学専攻 修士課程
2007年4月 – 2011年3月
早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科
2004年4月 – 2007年3月
早稲田大学高等学院
受賞歴
2020年7月
2020年度 人工知能学会全国大会(第34回)全国大会優秀賞
2016年9月
Best Paper Award, The 25th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 2016)
2014年3月
情報処理学会 第76回全国大会 大会奨励賞
所属学会
IEEE
人工知能学会
ロボット学会
学会活動
人工知能学会編集委員(2019年 – 現在)
Associate Editor of IEEE/RSJ International Conference on IROS 2019, 2020, 2021
Associate Editor of IEEE ICDL-EpiRob 2018, 2019, 2021
Local Chair of IEEE ICDL-EpiRob 2018
競争的資金
2021年4月 – 2022年3月
日本人若手研究者研究助成「大規模描画行動データの表現学習による潜在状態抽出と認知・性格特性との関係理解」(代表),中島記念国際交流財団
2020年12月 – 2022年11月
研究助成「ロボットによる巧みな物体操作を実現するための自己教師あり学習法の検証」(代表),栢森情報科学振興財団
2020年4月 – 2025年3月
科研費 基盤研究(A)「人工知能技術と疾患横断的・次元的アプローチに基づく精神障害の計算論的診断学の創出」(分担,代表:山下祐一),日本学術振興会
2019年4月 – 2022年3月
科研費 若手研究「二個体間における協調の形成と崩壊の予測符号化に基づくロボット構成論的理解」(代表),日本学術振興会
2018年10月 – 2019年3月
特定課題調査(代表),科学技術振興機構
2017年4月 – 2019年3月
科研費 若手研究(B)「ロボット構成論による精神障害における多様な病態の統合的理解」(代表),日本学術振興会
TOP